神戸

  • 印刷
「パーマとわ」の西森東和子さん=神戸市兵庫区塚本通5
拡大
「パーマとわ」の西森東和子さん=神戸市兵庫区塚本通5
長屋の一角にある「サロンドテル」=神戸市兵庫区塚本通5
拡大
長屋の一角にある「サロンドテル」=神戸市兵庫区塚本通5
年季の入ったはさみやくしなど
拡大
年季の入ったはさみやくしなど
サインポール。レトロな雰囲気が漂う
拡大
サインポール。レトロな雰囲気が漂う

 取材で幾度となく御旅筋(神戸市兵庫区)かいわいを歩いていて、あることに気付いた。「美容室や理容室が多い」。JR兵庫駅から大開通までの一帯(羽坂通2~4、塚本通4~6、大開通5~7)、距離にしてわずか400メートル四方のエリアに何と36店舗もある。「市場の街・御旅」が、「美容、理容の街・御旅」に変わりつつあるのか?

 なぜこのエリアに美容、理容室が集中するのか。

 まず、住宅地図で36店舗の所在地をチェックし、塗りつぶしてみた。規則性や偏在性はない。番地ごとに2~4店舗点在している。

 次に店の新旧度をみると、新装店舗から半世紀続く老舗までさまざまだ。こうなれば、長年この御旅で店を構えるベテラン美容師たちに尋ねるしかない。

 しかし、聞いてみるも「多いのは多いけど、なんでかは分からへん」「(言われてみれば)確かにたくさんあるが、理由は考えたこともなかった」と口々にこんな答えが返ってきた。

 どうやら、美容、理容の街を目指したのではなく、阪神・淡路大震災後、空き地に新しく建ったマンションやビルなどのテナントに美容、理容室が進出し、古くからの店と合わせ、36店舗にまで増えたようだ。

 ■長屋の美容室

 御旅と言えば下町風情。レトロな雰囲気が魅力の美容室「サロンド・テル」(塚本通5)を訪ねた。紫や赤色のしゃれたサインポールも年季が入っている。

 ここで約30年間店を構えるのは、ベテラン美容師の城平直子さん(75)。愛媛県出身で、45年前に御旅にやって来た。近くの美容院で修行した後、店主の勧めで現在の場所に独立した。

 路地にある長屋の一角。「目につきにくいったらありゃしない」と城平さんは笑うが、震災にも耐え抜いたこの長屋を愛してやまない。「店の前にお花のプランターを置いたの。家の軒先みたいでしょ。常連客に、自宅のようにくつろいでもらいたいから」

 ■パーマ一筋半世紀

 「髪に優しい弱酸性パーマ」を売りにする「パーマとわ」(同)。パーマ一筋54年の店主西森東和子さん(77)は、震災を機に御旅にやって来た。前の店舗はJR兵庫駅南側にあったが、震災で半壊。再建に見切りをつけ、近くで移転先を探した。常連歴50年の顧客もそこそこおり、最高齢は90代だ。

 「もう長くないお客さんをお見舞いに行った時ね、『もう店行かれへんけど、一生の付き合いやったなぁ』って言ってくれた。そういう言葉を胸に、店をやってます」

 御旅筋かいわいでは、今日も店主と客の物語が続いている。(杉山雅崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ