神戸

  • 印刷
ゲーム機を贈り、プレーを実演した日比隆夫さん(左)と喜ぶ子どもたち=長田こどもホーム
拡大
ゲーム機を贈り、プレーを実演した日比隆夫さん(左)と喜ぶ子どもたち=長田こどもホーム

 人気のオンライン対戦ゲーム「フォートナイト」の愛好家らが19日、子どもたち約30人が暮らす神戸市長田区の児童養護施設「長田こどもホーム」にゲーム機2台とソフト5本を贈った。昨年11月に動画配信サイト「ユーチューブ」でプレー実況イベントをした際に募った寄付金などを生かし、子どもらを喜ばせた。

 動画配信の仲間でつくる「FDC union(ユニオン)」が「子どもたちを笑顔に」「ユーチューブやゲームによる寄付が広がってほしい」と企画。視聴者からの寄付金など約30万円で、神戸などの施設3カ所にゲーム機などを贈る。

 「ヒビタカ」として活動し、寄付を呼び掛けた同市西区の会社員日比隆夫さん(41)がプレーを実演すると、歓声が上がった。中学3年の男子生徒(15)は「アニメ制作の仕事を目指していて、画面の構成が勉強になる。にぎやかになってほっこりする」と喜んだ。(小林伸哉)

神戸の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ