ひょうご経済プラスTOP 経済 シャルレ 女性中心にブームの「青汁」参入、販売開始

経済

シャルレ 女性中心にブームの「青汁」参入、販売開始

2019.12.10
  • 印刷
栄養が豊富な「スーパーフード」3種類を配合した青汁(シャルレ提供)

栄養が豊富な「スーパーフード」3種類を配合した青汁(シャルレ提供)

 女性下着など販売のシャルレ(神戸市須磨区)は、栄養分が豊富な「スーパーフード」3種類を配合した青汁を発売した。青汁は近年、青臭さや苦味が改良された飲みやすい商品が登場し、女性を中心にブームとなっている。同社が手がける健康食品シリーズに人気の青汁を加え、ブランド力を強化する狙い。

 「輝く太陽のモリンガ青汁」。粉末タイプで、水や牛乳などに混ぜて飲む。

 モリンガは東南アジアやアフリカに自生する木で、1年で5~10メートル伸びるほど成長力が強い。必須アミノ酸全9種類やビタミン、ミネラルなどが豊富でスーパーフードとして注目を集めている。

 新商品は、オーガニック認証された農場で栽培された手摘みのモリンガの青葉を使用。ほかに、スーパーフードのミツバチ花粉「ビーポーレン」と藻の一種「スピルリナ」も配合し、他社製品と差別化した。

 苦味や雑味を抑えたすっきりとした味わいで、美容や健康維持の効果が期待できるという。

 31袋入り4100円(税別)。同社代理店、特約店、ウェブストアで販売。同社お客様相談室フリーダイヤル0120・114860

(中務庸子)