医療

医療ニュース
  • 印刷
兵庫医科大病院=西宮市武庫川町
拡大
兵庫医科大病院=西宮市武庫川町

 兵庫医科大病院(兵庫県西宮市)は21日、手術の麻酔などで使用し、毒薬指定されている筋弛緩剤1本(50ミリグラム)を紛失したと発表した。保管する集中治療室(ICU)には関係者以外は入れず、「誤廃棄した可能性が高い」としている。

 病院によると、15日昼すぎ、医師の指示を受けたICUの看護師が保冷庫から2本を取り出したが、薬剤部からも届いたためそのまま戻した。看護師はこの時点で「2本しかなかった」と説明している。

 ただ、保冷庫には通常、3本配備しており、同日午後6時ごろに点検した別の看護師が1本不足していることに気付いた。同日朝の点検では3本あり、病院は「15日午前に使用済み薬剤などとともに誤廃棄した可能性がある」とする。

 今後は筋弛緩剤を1本ずつ袋に入れて管理するなど再発防止策を講じる。(篠原拓真)

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(4月1日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ