医療

医療ニュース
  • 印刷
中国・武漢で新型肺炎の患者に対応する医療従事者ら=27日(新華社=共同)
拡大
中国・武漢で新型肺炎の患者に対応する医療従事者ら=27日(新華社=共同)

 政府は28日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症を、感染症法に基づく「指定感染症」とすることを閣議決定した。患者の強制的入院や、就業の制限などの対策が可能になる。中国での死者は100人を超え、中国本土の感染者は4515人となった。

 兵庫県疾病対策課によると、28日午前9時現在、県内で感染の疑いがある患者は確認されていない。感染が疑われる患者が出た場合は、検体を採取した後、指定された医療機関か自宅で待機する。政令施行後、感染が確認されれば、2類感染症に対応する指定医療機関となっている県内9病院に入院することを想定している。

■兵庫県内の指定医療機関     

【神戸】  神戸市立医療センター中央市民病院

【阪神】  県立尼崎総合医療センター

【東播磨】 県立加古川医療センター

【北播磨】 市立加西病院

【播磨姫路】姫路赤十字病院、赤穂市民病院

【但馬】  公立豊岡病院

【丹波】  県立丹波医療センター

【淡路】  県立淡路医療センター

医療ニュースの新着写真
医療ニュースの最新
もっと見る

天気(4月1日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ