北播

  • 印刷
「未来に使える食事券」の見本
拡大
「未来に使える食事券」の見本

 新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛で、大きな影響を受けた飲食店を支援しようと、兵庫県加東市観光協会と同市商工会は、千円分を900円で購入でき、秋から使える食事券を販売する。

 名付けて「未来に使える食事券」。市民が外出自粛の期間に券を購入することで店をサポートし、コロナ禍が沈静化すると予測される未来に食事を楽しんでもらおうと考えた。

 店側が差額分の100円を負担し、購入者がその分得になる仕組みだが、同市観光協会によると、参加を希望する店は増えているという。同感染症によって休業や時間短縮で売り上げが減ったことに加え、公的機関からの支援は手続きに時間がかかるのが大きな理由だ。店側からは「大変助かる」「客離れも止められそう」との声が寄せられている。

 販売は28日~7月17日。利用期間は9月1日~2021年8月31日。加東市外の人も購入できる。購入枚数の制限はない。市内各飲食店で売り出す。

 購入者には10枚(9千円)ごとに抽選券を渡す。市特産物や食事券などの景品を用意している。同市観光協会TEL0795・48・0995。

(中西大二)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月2日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ