北播

  • 印刷
特別定額給付金の申請書が各家庭に届き始め、町民からの問い合わせに追われる職員ら=多可町役場
拡大
特別定額給付金の申請書が各家庭に届き始め、町民からの問い合わせに追われる職員ら=多可町役場

 新型コロナウイルス感染症に伴う国の緊急経済対策として、1人10万円が支給される「特別定額給付金」の申請書が8日、兵庫県多可町内の各世帯に郵送で届き始めた。10日までに約7700世帯に到着予定という。

 同町では、定額給付金の支給に必要なシステム改修を外部委託せず庁内で行ったため、県内でも比較的早い送付が可能になった。マイナンバーカードが必要なオンライン申請は1日から始まっており、町は6日までに70件を受け付け。早い人で11日に指定の金融機関口座に入金される見通し。

 申請書は、4月27日に住民基本台帳に記載のある住民の元へ届けられる。定額給付金の事務作業も担当する同町役場に設けられた生活相談窓口には8日、申請書を受け取った住民から、本人確認書類の種類や、支給日、福祉施設に入居している場合はどうするか、などの電話相談が相次いだ。

 住民からの申請書を受け取った町は、書類審査などを経て1~2週間で振り込みを完了させる。申請書の返信がない場合、再度、住民に通知する方針で、窓口の担当者は「感染予防のためにも、なるべく郵送での手続きをお願いしたい」と話している。(長嶺麻子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(7月3日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ