北播

  • 印刷
ワークショップで講師を務めるバグジーさん(ドゥーイット提供)
拡大
ワークショップで講師を務めるバグジーさん(ドゥーイット提供)

 増える外国人のコミュニティーづくりなどを目指すダンスのワークショップが25日、兵庫県加西市北条町北条のアスティアかさい3階で開かれる。主に外国人やその家族向けで、主催する市民団体「ドゥーイット」は「外国人の支援に関わる人や雇用者からも参加を呼び掛けて」と話している。

 加西市内の外国人は、昨年12月末時点で1315人。ベトナム、中国、ブラジルの順に多く国籍は30に及ぶ。同団体は、障害者や高齢者の無料ダンス教室を開くなど、ダンスを通じたまちづくりに取り組んでおり、外国人同士や日本人との交流の輪を広げてもらおうと企画した。

 講師は英国在住のダンサー、バグジーさん。日本の漫画が好きで、動画投稿サイト「ユーチューブ」を使って独学で日本語を学んだという。当日は、外国人のためにあえて日本語でストリートダンスを指導する。

 同団体代表のヒロさん(46)は「外国人の中には、休日に行く場所が限られている人も多いのでは。今後、外国人にも無料でダンスを教えたい」と話す。

 午後7時~同8時半。誰でも参加できる。外国人は無料で、日本人は1500円。申し込みは、メール(locker@dancemaestro.jp)(森 信弘)

北播の最新