北播

  • 印刷
ゼッケン番号28を付けた西脇工の松尾昂来ら1区の選手が、一斉にスタートした=京都市右京区、たけびしスタジアム京都
ゼッケン番号28を付けた西脇工の松尾昂来ら1区の選手が、一斉にスタートした=京都市右京区、たけびしスタジアム京都

 京都市内で22日開かれた全国高校駅伝に2年連続の出場を果たした西脇工業高校(兵庫県西脇市)男子は、目標だった今年最高記録となる2時間5分51秒でゴールした。だが、順位は計31回の出場で最低となる24位で、選手らは「高速化の流れに食いつけるよう、一回りも二回りも強くならないと」と決意を新たにした。

 県大会では前評判を払拭する走りを見せ、ライバルを押しのけて優勝。全国の大舞台が近づくにつれ、チーム一丸となって良い緊張感が作り上げられ「皆で笑って終えられる走りをしたい」と大会当日を迎えた。

北播の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 10℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ