北播

  • 印刷
展示されている五角形のカボチャと型枠=コミセンおの
拡大
展示されている五角形のカボチャと型枠=コミセンおの

 播磨農業高校(兵庫県加西市北条町東高室)と小野工業高校(同県小野市片山町)の3年生が協力して五角形の「合格かぼちゃ」を作った。同高機械科の生徒が作った透明の型枠を使い、播磨農業高校の生徒が育てて11月上旬に収穫。受験生を応援しようと、小野市王子町のコミセンおので入試シーズンの2月下旬まで展示する。

 播磨農業高の農業経営科野菜コースの3年生が昨年、加西特産の品種「ダークホース」をアピールしようと発案。今年は同コースの万谷龍也さん(17)=三木市=と花田紘希さん(17)=加古川市=が10月上旬、テニスボールほどの大きさになった実を五つの型枠で育てた。大きくなり過ぎたり虫が食べたりして、きれいにできたのは二つ。一つは県教育委員会に送った。

 同高から一つを受け取った小野工業高校は多くの人に見てもらおうと、コミセンおので17日から展示を始めた。型枠を作った3年生、志方雄星さん(17)=加西市=は「受験を控える中高生に頑張ってもらいたい」と話していた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ