北播

  • 印刷
南海トラフ地震をテーマに製作した紙芝居と絵本=多可町中区岸上、アスパル
南海トラフ地震をテーマに製作した紙芝居と絵本=多可町中区岸上、アスパル

 地域互助活動を推進する兵庫県多可町の住民研修会「コークゼミ」運営協議会が、南海トラフ地震の発生で起こりうる被害や、備えられる対策についてまとめた「よそごとでない南海トラフ地震」の紙芝居と絵本を作った。絵も担当した同会の小嶋明会長(71)は「福祉と防災の根は同じ。堅苦しさを抜きに考えるきっかけにして」と呼び掛ける。(長嶺麻子)

 南海トラフ地震は、30年以内の発生確率が70~80%とされ、国が公表した被害想定は最悪で死者約33万人、建物の全壊棟数は約250万棟という。北播磨でも震度6弱~5弱の揺れや、全半壊の建物が数千棟に上ると予測されている。

北播の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 10%

  • 12℃
  • 3℃
  • 30%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ