北播

  • 印刷
赤穂義士祭をPRするため作ったのれん=加東市家原
拡大
赤穂義士祭をPRするため作ったのれん=加東市家原

 「忠臣蔵」で知られる赤穂義士をまつる兵庫県加東市家原の観音寺で14日、「加東市赤穂義士祭」がある。四十七士の供養墓碑が残る境内に市民らが集い、追善法要などを営む。同市商工観光課は祭りをアピールするため、黒と白を基調として大石家の家紋をあしらったのれんを制作し、5日から同寺の山門に掲げる。

 同寺は1699年、赤穂藩浅野家から分家された家原浅野家により本堂が建立された。境内には浅野内匠頭を中心に、大石内蔵助ら四十七士を供養する墓碑(1847年建立)があり「義士の寺」として親しまれている。義士祭は、義士が吉良邸に討ち入った12月14日、地元住民らの奉賛会が催している。

 のれんは横250センチ、縦60センチ。忠臣蔵でおなじみの黒と白のデザインで、市が姫路市の老舗専門業者と共同で制作した。

 当日は、午前8時半から甘酒の接待と福引、同10時半から追善法要を行う。協賛行事として、午後1時40分から加東市民病院前で中学生らの駅伝、同2時からは家原薬師堂(雨天時は社武道館)で少年剣道大会が開かれる。

 奉賛会事務局(加東市観光協会)TEL0795・48・0995

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 12℃
  • 5℃
  • 10%

  • 12℃
  • 3℃
  • 30%

  • 12℃
  • 4℃
  • 0%

  • 12℃
  • 2℃
  • 10%

お知らせ