北播

  • 印刷
照明で幽玄な姿を見せる紅葉と石仏=21日夜、羅漢寺
拡大
照明で幽玄な姿を見せる紅葉と石仏=21日夜、羅漢寺
照明で幽玄な姿を見せる紅葉と石仏=21日夜、羅漢寺
拡大
照明で幽玄な姿を見せる紅葉と石仏=21日夜、羅漢寺

 兵庫県指定文化財の五百羅漢石仏で知られる、同県加西市北条町北条の羅漢寺で22~24日、紅葉のライトアップがある。21日には試験点灯が行われ、赤く色付いたモミジが、石仏と共に夜の境内に浮かび上がった。

 紅葉の名所でもある羅漢寺をもっと知ってもらおうと、住民有志による五百羅漢保存委員会が、2014年から取り組んでいる。発光ダイオード(LED)の照明で約30本のモミジを照らし、22~24日には石仏前にろうそくの火もともす。

 点灯時間は午後5~8時。期間中は午後6時半から、境内の特設ステージで、混声合唱や大正琴、三味線、オカリナといった市内の音楽グループによるミニコンサートがある。

 拝観料200円(中学生以下無料)。雨天中止。市観光案内所(北条鉄道北条町駅構内)TEL0790・42・8823

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ