北播

  • 印刷
世界選手権で好成績を出し、小野市を表敬訪問した田中希実さん=小野市役所
拡大
世界選手権で好成績を出し、小野市を表敬訪問した田中希実さん=小野市役所

 カタール・ドーハで10月に開かれた第17回世界陸上競技選手権大会女子5000メートルで、日本歴代2位の好成績をマークした田中希実さん(20)=小野市片山町出身=が6日、父でコーチの健智さん(48)と小野市役所を訪れ、蓬●務市長に「夏以降の合宿などの成果が出せた」と報告した。

 田中さんは西脇工業高時代に全国高校駅伝で活躍。現在は同志社大2年生で、豊田自動織機TC(愛知県)に所属し、父がコーチ兼マネジャーを務めている。

 10月2、5日にドーハで開かれた世界選手権では、予選で東京五輪の参加標準記録を突破する日本歴代3位の15分4秒66を出した。決勝ではこれをさらに上回る日本歴代2位の15分0秒01で14位に入った。蓬●市長は「五輪出場の期待が高まった」と感激した様子だった。

 同じく小野市出身で2008年の北京五輪5000メートルに出場した小林祐梨子さん(30)とは家族ぐるみの付き合い。決勝後は小林さんから「自分のことのようにうれしい」とのメッセージを受けたといい、田中さんは「小野市の先輩として憧れ、背中を追ってきた存在。あんな人になりたい」と今後の活躍を誓っていた。(笠原次郎)

(注)●は「莱」の「来」が「來」

北播の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ