北播

  • 印刷
多言語対応のパンフレットやタブレットを備え、外国人観光客案内所認定を受けた=道の駅北はりまエコミュージアム
拡大
多言語対応のパンフレットやタブレットを備え、外国人観光客案内所認定を受けた=道の駅北はりまエコミュージアム

 訪日外国人に北播磨の観光情報を提供できる案内所として、兵庫県西脇市寺内の道の駅北はりまエコミュージアムが認定された。英語や中国語、韓国語といった多言語翻訳機能を持つタブレットのほか、外国語の観光パンフレットなどを置き、外国人の利便性向上を図る。

 日本政府観光局(JNTO)が2012年度から運用し全国で1237カ所(10月末現在)、県内で35カ所(同)が認定。北播磨では山陽自動車道三木サービスエリア(SA)上下線と中国自動車道加西SA上下線に続き5カ所目になる。

 JNTOの認定制度は、常時英語対応ができる上、英語以外の2言語の案内が可能なカテゴリー3から、外国人旅行者の受け入れに積極的なパートナー施設まで4段階あり、同ミュージアムは、三木SA、加西SAと同様に何らかの方法で英語対応が可能なカテゴリー1で認定された。

 北播磨への外国人観光客はまだ少ないが、今後、ゴルフ客を中心とした増加を見据えており、JNTOの電話通訳サービスも活用する。篠原秀明駅長(42)は「来年は五輪で訪日客が増えるとみられ、何らかの力になりたい。地域の案内も充実を図っていく」と話していた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ