北播

  • 印刷
タカタータンの服を着て歩く多可町観光交流協会のメンバー=多可町八千代区中野間
拡大
タカタータンの服を着て歩く多可町観光交流協会のメンバー=多可町八千代区中野間

 兵庫県多可町八千代区中野間のガルテン八千代で3日、「第14回多可町ふれあいまつり」が開かれた。特産品の販売に加え多可町をイメージした「タカタータン」のお披露目などがあり、家族連れら7千人(主催者発表)でにぎわった。

 会場には、播州百日どりの焼き鳥や山田錦の酒などの特産品のほか、農産物を販売するブースが並んだ。ステージでは、ロックバンド「ワタナベフラワー」のライブがあり大いに盛り上がった。西脇高校生活情報科の1、2年生による播州織のファッションショーが上演された後、タカタータンも紹介された。

 タカタータンは、同町の自然をイメージした緑を基調に、秋の実り(赤)や山田錦の稲穂(黄)などの6色で構成する。考案した同町観光交流協会の9人がシャツやワンピースなどを着て登場した。

 出演した女性(48)は「このデザインは、町外の人に明るい印象が与えられると思う」と期待していた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ