北播

  • 印刷
(左)千石 唯司さん(右)二階 一夫さん
拡大
(左)千石 唯司さん(右)二階 一夫さん
(左)岩崎 妙子さん(右)山田 英規さん
拡大
(左)岩崎 妙子さん(右)山田 英規さん
(左)前川 公生さん(右)大前 貴美子さん
拡大
(左)前川 公生さん(右)大前 貴美子さん
中西 町子さん
拡大
中西 町子さん

 3日に発表された秋の叙勲では兵庫県西脇、加西、加東市の7人も受章した。各分野で積み重ねてきた経験や努力を振り返ってもらった。

旭日小綬章(加西商工会議所名誉会頭)千石 唯司さん(71)加西市 産業発展に努める

 加西商工会議所の会頭を3期9年務め、加西市の産業活性化に尽力してきた。11月からは名誉会頭の肩書を持つ。7年前、親子で市内のものづくり企業を見学するツアーを始めた。「少子高齢化の中で人材を確保するため、地元に働く場があることを知ってもらいたかった」と振り返る。

 家電・調理器具メーカー「千石」の社長としても地元経済をけん引。製造業の盛んな古里を誇りに思ってきた。「加西は開発能力を持った企業が多く、自主独立の気風がある。これからも切磋琢磨(せっさたくま)を」と話す。(森 信弘)

旭日双光章(元加東市議会議員)二階 一夫さん(74)加東市 古里に恩返し胸に

 「古里へ恩返しする」。そんな思いを持ち続けた。旧東条町会議員を2期、加東市会議員を3期務めた。

 事故が多かった厚利地区の県道工事や嬉野東地区の上水道整備などに尽くした。旧加東郡3町の合併には反対した。東条町は東条川が流れる方向で、歴史的なつながりもある小野市への合併をと考えた。だが、「地域を思う気持ち」から市制後初の市議選に立候補。その一方で「後進に道を譲るべき」と昨年の市議選は立候補を辞退した。「受章は地元の支援があってこそ。感謝しかない」とこうべを垂れた。(中西大二)

瑞宝双光章(元市立加西病院看護部長)岩崎 妙子さん(68)加西市 働く環境改善尽力

 看護師として37年間働き、そのうち35年を市立加西病院で奉職した。子育てには十分な時間が割けなかったが、長男は看護師と結婚。「2人の息子から、お母さんの働く姿は好きだったと聞き、ほっとした」とほほ笑む。

 看護部長は8年間務め、現場の看護師がプライドを持ち、安心して働ける環境をつくろうと心を砕いてきた。病院を退職した今も週に1、2回特別養護老人ホームで働く。「高齢化社会で看護の力は大事。これからの看護師は病院以外の場所でも力を発揮してほしい」と願う。(森 信弘)

瑞宝双光章(元公立中学校長)山田 英規さん(77)加西市 生徒と向き合って

 校内暴力が社会問題になっていた頃、加古川中学校で生徒指導を担当した。授業を妨害したり教師にけがをさせたりする子どもたち。厳しく指導しつつも、できるだけ生徒の気持ちに寄り添うようにしてきた。「本気でしかってくれるのは先生だけ、という子も。自分と向き合ってほしかったのだろう」と振り返る。

 中学の現場にいたのは29年。校長は加古川中で6年務めた。今も年に数回、クラス会に出向く。「人を教える仕事は奥が深い。人生経験を積んでこそ、良い教育ができる」と後進に期待を掛ける。(森 信弘)

瑞宝双光章(元公立小学校長)前川 公生さん(76)加東市 教育現場に足運び

 長い教員生活では現場主義を貫いた。三田市の小学校長の時には放課後の日課をごみ拾いと決め、バケツを手に全教室を回った。「机の並び方や掲示物を見れば、普段の教室がどんな様子か想像できる」からだ。

 教育長として故郷に戻ってからも学校園に足を運んだ。学校経営に問題があるかは校長の報告ではなく、子どもを見て判断した。自分の目で見ないと判断を誤るとの強い信念があった。受章の報に「自分がもらっていいのか」と戸惑ったが「思い返せばそれなりに頑張ったかな」と笑みをたたえた。(大橋凜太郎)

瑞宝単光章(西脇こども園副園長)大前 貴美子さん(65)西脇市 保護者の思い酌み

 一人っ子の自分に積極性を持たせてくれた、幼稚園の先生の影響で目指した。保育、幼稚園教諭として42年。「先生と呼ばれて、若い時はおごりがあった」と振り返る。失敗や2人の子育て経験を経て、「保護者の思いに寄り添うことが子どもたちの笑顔にとって一番大事」と確信する。

 幼い子を預ける親の不安、仕事に急ぐ親にせかされ泣いて登園する子。それぞれの家庭の事情を敏感に感じながら「任せて」と預かる日々。「安心して仕事に行ってもらえるよう、もう少し役立ちたい」と話す。(長嶺麻子)

瑞宝単光章(元特別養護老人ホーム「みぎわ園」主任寮母)中西 町子さん(68)加東市 感謝と笑顔忘れず

 「両親、家族、みんなでいただいた」と笑顔を見せる。30年間、寮母の仕事を続けてこられたのは両親が子どもの世話をし、夫の理解があってこそという。

 社高校卒業後は保育士を目指したが求人がなく、西脇市で設立予定の「みぎわ園」に採用された。「お年寄りとおしゃべりするのは楽しくてね」と振り返る。

 当時の園の理事長は女性クリスチャン。感謝や笑顔を忘れないようにと教わった。つらい時もあったが、理事長を先生と慕い励まされた。「私の育ての母みたいな人。先生は喜んでくれるかな」(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ