北播

  • 印刷
「音楽の日」に向けて共に練習する西脇小オーケストラ部の子どもたちと早稲田桜子さん(中央)=西脇市西脇(加東文化振興財団提供)
拡大
「音楽の日」に向けて共に練習する西脇小オーケストラ部の子どもたちと早稲田桜子さん(中央)=西脇市西脇(加東文化振興財団提供)

 多彩な音楽に親しめる「音楽の日in加東2019」が20日、やしろ国際学習塾(兵庫県加東市上三草)で開かれる。ピアノやフルートなどさまざまな音色が織り成す演奏を聴くことができるほか、ハープなどの演奏を体験できるコーナーも。担当者は「子どもから大人まで一日中、演奏を楽しみ体感することができる」と参加を呼び掛ける。(中西大二)

 加東文化振興財団が主催する恒例行事で、2年前から桐朋学園芸術短期大学(東京)と連携しプログラムを展開している。今回も同大OGや学生が出演し、魅力あふれる音楽を届ける。

 同塾LOCホールでは午前10時40分からハープのミニコンサートの後、西脇小オーケストラ部とバイオリニスト早稲田桜子さんが共演し「ジブリメドレー」などを演奏。午後からは同大の学生らが加東市の四季をイメージした楽曲を披露する。2台のグランドピアノを4人で弾く迫力あるステージもあり、ハープ、ギター、箏など弦楽器のアンサンブル演奏も繰り広げる。

 桜子さんと姉妹でピアニストの早稲田眞理さんによる「こころが悦ぶ 音浴の時間」と題したステージでは、バッハの「シャコンヌ」を演奏時に、気持ちよくなって眠る人のための睡眠エリアを用意。ホール外のレストランや会議室でもコンサートを開くなど音楽にあふれた一日を提供する。

 ロビーなどでは午前10時からフルート、ハープ、箏を体験できるワークショップも。手作りのおやつや雑貨が並ぶマルシェもある。入場無料。同学習塾TEL0795・42・7700

北播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ