北播

  • 印刷
フジバカマの上で羽を休めるアサギマダラ=ラベンダーパーク多可(NPO法人北播磨ラベンダー提供)
拡大
フジバカマの上で羽を休めるアサギマダラ=ラベンダーパーク多可(NPO法人北播磨ラベンダー提供)
フジバカマの上で羽を休めるアサギマダラ=ラベンダーパーク多可(NPO法人北播磨ラベンダー提供)
拡大
フジバカマの上で羽を休めるアサギマダラ=ラベンダーパーク多可(NPO法人北播磨ラベンダー提供)

 長距離の渡りをする大形のチョウ「アサギマダラ」が、兵庫県多可町加美区轟のラベンダーパーク多可に飛来している。園内の喫茶店から見える花壇で、花の盛りを迎えているフジバカマの上を飛び交い、入園者の目を楽しませている。

 羽を広げると10センチほどになり、その名前の通り、緑がかった薄い藍色のまだら模様をしている。日本各地に分布するが、冬が近づくと南西諸島や台湾など、海を渡って温暖な地域へ移動するという。

 同園でフジバカマを植え始めた昨年、初めて飛来を確認した。これを受け、今年はさらにフジバカマの株数を増やすと、今月4日に姿を現し、風が比較的穏やかだった7日には、10匹ほどが飛び交っていた。同園の担当者は「今年は多い。寒くなる前に見に来て」と話している。

 入園無料。午前9時~午後5時。水曜休み。ラベンダーパーク多可TEL0795・36・1616

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 40%

  • 14℃
  • 10℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 50%

お知らせ