北播

  • 印刷
丁寧に作った押し花の作品が並ぶ会場=県立フラワーセンター
拡大
丁寧に作った押し花の作品が並ぶ会場=県立フラワーセンター

 乾燥させた草花を使って風景などを表現した押し花絵展が、兵庫県加西市豊倉町の県立フラワーセンターで開かれている。緻密な手作業で生み出した約130点が並ぶ。23日まで。

 全国的な押し花愛好家グループ「ふしぎな花倶楽部」の会員らによる同県加古川市などの教室から、50人が出品した。素材となる花びらなどは、特殊な乾燥マットで挟み、花のそのままの色を残しているという。

 作品は青い花びらで小鳥を表現したり、葉っぱを富士山の雪に見せたりと、作り手それぞれの感性が光る。かごに入った華やかな花々や、タケノコの皮で屋根を作った日本家屋、思い出の写真と組み合わせた作品などもある。

 午前9時~午後5時(23日は4時まで)。期間中は、しおりやコースターなど押し花の体験もできる(材料費200~500円)。水曜休園。同センターTEL0790・47・1182

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ