北播

  • 印刷
電線に止まった白いツバメ。通常は黒い部分が茶色に見える=13日午前、加西市広原町
拡大
電線に止まった白いツバメ。通常は黒い部分が茶色に見える=13日午前、加西市広原町

 兵庫県加西市広原町の田んぼで、白いツバメが飛んでいるのが見つかった。エサの虫を探しているのか、ほかのツバメに混じって稲穂の上を飛び回る様子が人目を引いている。

 12日午後1時ごろ、すぐそばの工場で働く難波孝幸さん(62)=同県姫路市=が、黒く見える鳥の中に1羽だけ白いものが混じっているのに気付いた。午後5時ごろまで飛んでおり、13日も朝から姿が見えた。

 目は黒いことから、色素が減少した白変種と考えられる。白変種の「シロクジャク」を飼育する神戸市立王子動物園によると、目立つので外敵に狙われやすい。難波さんは「幸運をもたらしてくれるようで引かれる。来年もまた来てほしい」と期待している。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ