北播

  • 印刷
写真を出展している松岡達郎さん(中央)と竹内晴行さん(左)、書の佃清峰さん=播磨内陸生活文化総合センター
拡大
写真を出展している松岡達郎さん(中央)と竹内晴行さん(左)、書の佃清峰さん=播磨内陸生活文化総合センター

 西脇市美術協会の所属作家らによる4人展が、兵庫県西脇市西脇の播磨内陸生活文化総合センターで開かれている。写真や書、細密画と、各分野でテーマを追求した新作計50点を展示する。

 出展するのは、自宅から半径5キロの風景を撮影する松岡達郎さん(85)▽全国の海や山の撮影に足しげく通う竹内晴行さん(70)▽甲骨文字から楷書まで、幅広い書を紹介する佃清峰さん(58)▽昆虫や草花などの細密画に取り組む藤井千誠さん(31)。年代はばらばらだが、創作の方向性や情熱で意気投合したという。

 松岡さんは空や光の状態の変化を見逃さず、冬場に日本海まで繰り出した写真を並べる。佃さんは「書を身近に感じてほしい」と、同じ漢詩を行書、草書などに書き分けたり、字を崩してみたり。竹内さんは「山に分け入り、海を見つめる中で感動した一瞬」を切り取った。藤井さんは昆虫標本のような遊び心のある作品が目を引く。

 8日まで。午前9時~午後6時。同センターTEL0795・23・5992

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(10月14日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

  • 22℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ