北播

  • 印刷
本番に向けて練習に励む小野市民合唱団のメンバー=コミセンおの
拡大
本番に向けて練習に励む小野市民合唱団のメンバー=コミセンおの

 小野市民合唱団や西脇市民合唱団など兵庫県の北播磨4市の合唱5グループが7日午後1時半から、小野市うるおい交流館エクラ(中島町)で、第9回北播混声合唱フェスティバルを開く。5団体が「ハレルヤ」など15曲を披露し、最後に「野に咲く花のように」を聴衆と一緒になって歌う。

 1996年に発足した小野市民合唱団は同市と加西市、加古川市の男女28人が週1回、コミセンおの(小野市王子町)で練習。藤本恵子さん(三木市)が歌の指導を、ピアノ伴奏を宮村洋子さん(同)が担う。

 もともと、同合唱団と西脇市民合唱団、混声合唱団ヴォルケ(加西市)は各団体で不足しがちな「男声メンバー」を融通し合いコンサートを開催。そこで培った友好関係から、互いにレベルを上げようと2011年から3団体による共同演奏会を毎年開いている。

 さらに今年は西脇市民合唱団の指揮者来住茂さん(74)=西脇市=が呼び掛け、混声コーロアピカ(西脇市)と赤とんぼコーラス(加東市)が加わった。

 混声コーロアピカは「アピカホール」(西脇市西脇)で練習を積む。松本美千代団長(71)=西脇市=は「自分たちの歌がどれくらい通用するか楽しみ」と話す。

 小野市民合唱団団長の鈴垣元さん(77)=小野市=は「競い合う仲間が増えてうれしい。北播全体のレベルアップにつなげたい」と期待する。

 入場無料。小野市民合唱団はメンバーを募集中。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ