北播

  • 印刷
保存改修工事が完了した木造校舎の外観=西脇小学校
拡大
保存改修工事が完了した木造校舎の外観=西脇小学校
建築当時の趣を残す渡り廊下=西脇小学校
拡大
建築当時の趣を残す渡り廊下=西脇小学校

 昭和初期に建てられ、映画やドラマのロケ地としても使われた西脇小学校(兵庫県西脇市西脇)の木造校舎3棟の保存改修工事が完了した。着工から2年余り。元の建材を残しつつ、建設当時の意匠を一部復元しながら耐震補強やバリアフリー化も図った。15日に内覧会が開かれる。

 木造校舎は北播磨で多くの建物を手掛けた内藤克雄氏の設計。1934~36(昭和9~11)年に建てられ、2008年に同県景観形成重要建造物の指定を受けた。13年に一度、老朽化などからコンクリート校舎への建て替えを決定したが、市民から反対の声が上がり、保存改修が決まった。

 木造校舎は南、中、北棟のいずれも2階建てで、延べ床面積は3棟で3752平方メートル。内覧会は午後2時半から。一般の内覧も受け付けており、希望者は10日までに申し込む。西脇市教育委員会教育総務課TEL0795・22・3111

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ