北播

  • 印刷
全日本選手権で二連覇を果たした村上剣心君=西脇市役所
拡大
全日本選手権で二連覇を果たした村上剣心君=西脇市役所

 重春小学校(兵庫県西脇市野村町)4年の村上剣心君(9)が、昨年12月に愛知県内で開かれた「第6回全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道選手権」の小学3年男子の部で優勝し、同大会2連覇を果たした。今年に入って各種大会でも優秀な成績を収め、「いずれは世界チャンピオンに」とさらに上を見据える。

 空手を始めて4年。指導する米山昇仁さん(46)=市川町=が「何より真面目」と評するように、ひたむきに練習を重ね、2年生の時に初めて全国大会を制した。同時に重圧も感じるようになり、昨夏はスランプに陥ったが、「高校で世界を制したい」という目標を思い起こし、「くじけている場合ではない」と気持ちを立て直した。

 練習は週に3、4回、月に1回以上は地方大会へ遠征し、武者修行を続ける。その中で、久しぶりに準優勝に甘んじた大会を振り返り、「1位と2位の差は大きい。相手のスピード、気持ちについて行けてなかった」と反省。「次は必ず」と自らを奮い立たせる。

 「勝負になると真剣だが、普段はおちゃらけていて、メリハリがついているかな」と米山さん。教科では国語が好きで読書にも親しみ、「いつか人の役に立つ研究者に」という夢も。「勉強も空手と両立させてやり遂げたい」と意気込んでいる。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ