北播

  • 印刷
巨大防空壕の内部を見学するツアーの参加者=2018年10月、加西市鶉野町
拡大
巨大防空壕の内部を見学するツアーの参加者=2018年10月、加西市鶉野町

 太平洋戦争中に造られた鶉野飛行場跡(兵庫県加西市鶉野町)の遺構を巡る「うずらの遺産一般公開ガイドツアー」が17日、開かれる。巨大防空壕や対空機銃座などの内部を、市民らによるガイドが分かりやすい言葉で案内する。

 市やまちづくり団体などでつくる「うずらの遺産ツーリズム推進協議会」が昨年10月に続いて企画。遺構内部の見学は、2人以上で2週間前までに予約するとの制約があることなどから開いている。

 滑走路跡で集合し、バスで「軍隊坂」まで移動した後、約3キロを2時間かけて歩く。出発時間は午前9時半~午後1時半で、余裕があるのは午前10時15分と午後12時半。車は滑走路跡に駐車できる。

 参加費500円(中学生以下200円)。電話かメール(uzurano.heritage@gmail.com)で申し込む。空きがあれば当日参加も可。小雨決行。市観光まちづくり協会TEL0790・42・8715(平日のみ)

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ