姫路

  • 印刷
審査員からの質問に答える「姫路お城の女王」の応募者=姫路市豊沢町
拡大
審査員からの質問に答える「姫路お城の女王」の応募者=姫路市豊沢町

 兵庫県姫路の魅力を発信する「第53代 姫路お城の女王」を選ぶ審査会が9日、姫路市豊沢町の神戸新聞姫路本社で開かれた。播磨地域から18~26歳の大学生や会社員ら26人が面接に臨み、思いをアピールした。

 お城の女王は「姫路お城まつり」を主催する奉賛会が毎年募集し、市や商工会議所、メディア関係者らでつくる選定委員会が審査を担当。活動は1年間で、県内外での観光キャンペーンや姉妹都市の訪問などを行う。今年は東京五輪聖火リレーの影響でお城まつりの日程が例年と異なるため、4月4日の「姫路城観桜会」前に会場でお披露目される予定という。

 審査会で、応募者は「初対面の人とでも仲良くなれる」「人の温かさが地域の魅力」などと自己PRや地元への思いを語った。9人の審査員は「好きな歴史上の人物は」「仕事と活動の両立は可能か」などと質問していた。(井沢泰斗)

姫路の最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ