姫路

  • 印刷
イベントをPRするマルチコスプレイヤーなるともさん(左から2番目)と実行委メンバーら=姫路市下寺町
拡大
イベントをPRするマルチコスプレイヤーなるともさん(左から2番目)と実行委メンバーら=姫路市下寺町

 漫画やアニメなどのサブカルチャーを満喫するイベント「ひめじSubかる☆フェスティバル」が11日、兵庫県姫路市本町の大手前公園をメイン会場に開かれる。コスプレイヤーやご当地アイドルのライブのほか、車体にアニメキャラクターを描いた「痛車」が並ぶ。

 サブカルで姫路を盛り上げようと、姫路商工会議所青年部有志の企画で2016年に始まり、今年で5回目。昨年は2日間の開催で、のべ約400人のコスプレイヤーが集まり、観客2万人を動員した。

 主催する実行委員会によると、世界遺産を撮影の舞台にできるイベントは少なく、今年も約200人のコスプレ参加者を見込む。既に人気漫画「鬼滅の刃」の登場人物に扮して駆け付けると表明している人も多いという。

 公園内のメインステージでは、姫路のご当地アイドル「KRD8」「WT☆Egret」がライブを披露するほか、コスプレイヤーがレッドカーペットを歩くランウエーも初めて実施する。

 会場では各地のハンバーガーが一堂に会する「姫路バーガー博覧会」も同時開催される。

 午前10時~午後4時。入場無料。コスプレイヤーの当日参加は2500円。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ