姫路

  • 印刷
東日本大震災で息子らを亡くした経験を話す丹野祐子さん=姫路市新在家
東日本大震災で息子らを亡くした経験を話す丹野祐子さん=姫路市新在家

 東日本大震災の津波により甚大な被害を受けた宮城県名取市の閖上地区で、長男公太さん(当時13歳)を亡くした丹野祐子さん(51)が19日、兵庫県姫路市新在家の城西小学校を訪れ、約700人の住民に被災経験と教訓を語った。「命を守ることが何より大切。家庭で具体的な備えを話し合ってほしい」と呼びかけた。

 講演は城西地区連合自治会が開いた防災訓練の中で行われた。宮城県内の被災地で植樹活動に関わっている姫路西ロータリークラブが現地で知り合った丹野さんを講師に招いた。

姫路の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ