姫路

  • 印刷
高砂染の着物などが並ぶ会場=姫路市書写
高砂染の着物などが並ぶ会場=姫路市書写

 姫路市書写の里・美術工芸館(兵庫県姫路市書写)で7日、開館25周年を記念した新春特別展示「高砂染展-播磨の型染、ことほぎの美」(神戸新聞社など主催)が始まった。江戸時代に姫路藩が幕府への献上品として贈った高級品を型紙や文献資料と共に展示している。

 高砂染は2種類の異なった型紙を使って3色に染め上げる。同展の開催は1999年以来2回目。江戸時代末期のものから復元品まで、布や着物など約100点が並ぶ。高砂神社(同県高砂市)の「相生の松」をモチーフに、縁起物の松葉や熊手、竹箒などの図柄があしらわれている。

姫路の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ