姫路

  • 印刷
次々と競り落とされていくマグロ=姫路市延末
次々と競り落とされていくマグロ=姫路市延末

 兵庫県姫路市中央卸売市場(同市延末)で5日、令和最初の初競りが開かれた。海の幸がずらりと並んだ場内に、早朝から商売人のにぎやかな掛け声が響き渡った。

 日が昇る前の午前4時40分頃から「初市式」が開かれ、商売繁盛を願う万歳三唱を合図に初競りが始まった。マグロの競り場には、インドネシア産のキハダマグロやスリランカ産のメバチマグロがずらり。仲卸業者が1匹ごとに「手板」と呼ばれる札で値段を示すと、競り人が最も高値を出した業者の番号を読み上げ、1キロ3700円の値がつくものもあった。

姫路の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ