姫路

  • 印刷
学校の外壁にともされたイルミネーション=姫路市本町
拡大
学校の外壁にともされたイルミネーション=姫路市本町

 賢明女子学院中学・高校(兵庫県姫路市本町)の外壁を、黄色のイルミネーションが彩っている。東日本大震災を機に2011年から始まった、被災地の復興を願う取り組みで、約2万個の発光ダイオード(LED)が道行く人々を温かく照らす。25日まで。

 高校1年生20人からなるクリスマス行事実行委員会や保護者会が中心となり、同校の西側と南側の外壁に取り付けた。天使や音符、十字架なども光り、正門近くには「Requiem and Revival(鎮魂と復興)」の文字が輝く。

 実行委員長の稲岡かの子さん(16)は「貧困で苦しむ人々の道しるべとなり、地震や台風などの災害で不安の中にある方々に寄り添い続けるものになれば」と話していた。

 点灯は午後4時45分~同9時45分。21日午後1時半~同2時半には同校講堂で合唱やハンドベルの演奏を披露するクリスマス行事がある。申し込み不要。同校TEL079・223・8456

(春元 唯)

姫路の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ