姫路

  • 印刷
明珍巧さん(左)の熟練の技術を見つめる中学生ら=船越神社
明珍巧さん(左)の熟練の技術を見つめる中学生ら=船越神社

 姫路に伝わる伝統工芸品「明珍火箸」の制作過程に触れる体験学習が23日、兵庫県姫路市下手野の船越神社であった。高丘中学校の生徒ら約40人が参加し、職人の明珍巧さん(71)の指導を受けて鉄打ちに挑戦した。

 明珍火箸は、甲冑師の流れをくむ明珍本舗(同市伊伝居)が制作し、県が「伝統的工芸品」に指定。触れ合った時の音色の良さから、近年は風鈴などとしても珍重されている。

姫路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 20%

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

お知らせ