阪神

  • 印刷
宝塚市役所=宝塚市東洋町
拡大
宝塚市役所=宝塚市東洋町

 兵庫県宝塚市は10日、新型コロナウイルスの感染予防策に生かしてもらおうと、市在住の妊婦1人に1万円を支給する方針を明らかにした。市は計約2800万円の事業費を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を、13日に開会する市議会臨時会に提出する。(大盛周平)

 妊婦健診への交通費やマスクなどの感染予防対策に使ってもらうため、市独自に給付を決めた。県内では高砂市などが同様の給付を行っている。

 今年4月28日時点で妊娠しているか、4月29日以降に妊娠し、来年3月末までに医療機関などで妊婦健診を受けた人が対象。市は2700人を想定。財源には国の新型コロナ対応地方創生臨時交付金を充てる。

 給付の受け付けは9月1日から。市が把握している対象者には事前に申請書を送付し、妊娠届提出の際にも配布する予定。市健康推進課TEL0797・86・0056

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ