阪神

  • 印刷
マスクやフェースシールドを着けてチケットを確認する塚口サンサン劇場のスタッフ=尼崎市南塚口町2
拡大
マスクやフェースシールドを着けてチケットを確認する塚口サンサン劇場のスタッフ=尼崎市南塚口町2
客同士の間隔を空けるため座面を一部取り外したシネ・ピピアの客席=宝塚市売布2
拡大
客同士の間隔を空けるため座面を一部取り外したシネ・ピピアの客席=宝塚市売布2
最大8人が体験できるキッザニア甲子園の「出版社」パビリオンに1人で参加する子ども=西宮市甲子園八番町
拡大
最大8人が体験できるキッザニア甲子園の「出版社」パビリオンに1人で参加する子ども=西宮市甲子園八番町

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため長く休業が続いていた兵庫県阪神間の映画館や子ども向けの施設が1日、再開した。同県宝塚市武庫川町の市立文化芸術センターは予定より1カ月半ほど遅れて新規オープン。感染防止のための換気や消毒などを徹底しつつ、戻りつつある日常に来場者やスタッフらは笑みを浮かべた。

 4月8日から休館していた映画館「塚口サンサン劇場」(同県尼崎市南塚口町2)。午前10時半に入り口のシャッターが上がると、来場者から拍手が起こった。休館中もウェブマガジンで過去の上映作品にまつわる劇場の裏話を毎日紹介してきた営業課長の戸村文彦さん(44)は「制限がある中でも変わったイベントを考え、相変わらずだなと思ってもらいたい」と話した。

 宝塚市売布2の映画館「シネ・ピピア」も約2カ月ぶりに営業を再開。景山理(さとし)支配人(65)は「長く休んでしまい失礼しました」と、初回の観客を迎え入れた。再開記念として4日まで「ニュー・シネマ・パラダイス」と「英国王のスピーチ」の2本を上映する。来場した病院のセラピスト女性(45)=川西市=は「この映画館らしい作品」とうれしそうだった。

 子どもの社会・職業体験施設「キッザニア甲子園」(西宮市甲子園八番町)は感染予防のために入場者を制限するなど「3密」対策に注力。加古川市の小学3年女児(8)は「久しぶりに遊べて楽しい」と喜んだ。

 4月19日に新規オープン予定だった宝塚市立文化芸術センターも1日にようやく開館。入館1人目として記念品を受け取った神戸市北区の会社員男性(47)は「宝塚のことを一から知ることができそう。建物も面白い」と話した。(中川 恵、風斗雅博、大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ