阪神

  • 印刷
「みんなで一緒に乗り越えよう」と伝える動画制作途中の一場面
拡大
「みんなで一緒に乗り越えよう」と伝える動画制作途中の一場面

 新型コロナウイルス感染拡大で留学を中断せざるを得なかった関西学院大学国際学部(兵庫県西宮市)の学生が、32の国と地域の友達計100人とともに、動画「思いやりを忘れず、みんなで乗り越えよう!」を作り、動画投稿サイト「You Tube(ユーチューブ)」で公開している。不自由な日常でも、人と人とのつながりを大切に明日へ向かっていこうという思いを込めた。

 木本圭一教授のゼミに所属する片山理咲子さん(20)=同県宝塚市=と今村康佑さん(21)=同県伊丹市=が企画し、ゼミ生やその友人、同大学に留学していた外国人に声を掛けた。動画は「みんなで一緒に乗り越えよう!」を日本語や各国の言葉で表示。手でハートを形作るなどし、温かな雰囲気になっている。

 片山さんは昨年8月から米国ワシントン州の大学で学んでいたが、現地でも新型コロナが流行し、3月中旬に帰国を余儀なくされた。「これで留学が終わってしまうのか」と悔しい気持ちを抱いたが「みんなが頑張らないと、コロナ禍は終わらない」と思い、元気を発信しようと4月下旬に動画作成を思い立った。

 片山さんらは「この動画を見て一人でも幸せになってくれたらうれしい」と話す。動画は6月18日までの限定公開。「関西学院大学国際学部木本ゼミ」と検索する。(中川 恵)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ