阪神

  • 印刷
川西市役所=川西市中央町
拡大
川西市役所=川西市中央町

 公用車のごみ収集車を運転中、自転車と接触して転倒させたにもかかわらず、十分な救護と、警察や所属長への連絡を怠ったとして、兵庫県川西市は30日、市美化推進課の男性運転士(50)を停職15日の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、運転士はごみ収集作業中の昨年7月26日午後1時すぎ、同市清和台西1の信号のない交差点で、女子高校生の自転車と出合い頭に接触。車を降りて声を掛けたが「大丈夫」と返答され、応急手当をして現場を去ったという。高校生は左足首ねんざと左肘打撲の軽傷。保護者が県警川西署に届けて発覚した。

 運転士は罰金40万円の略式命令も受けた。「大きなけががなかったので身勝手な判断をしてしまった」と反省しているという。

 また市は、上司に当たる市民環境部の副部長級と課長級の50代男性2人も、文書による厳重注意とした。

阪神の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ