阪神

  • 印刷
県内最高齢の113歳となった安川濱さん=宝塚市
拡大
県内最高齢の113歳となった安川濱さん=宝塚市

 兵庫県内最高齢となる113歳の安川濱さん(同県宝塚市)の誕生日を祝うため、中川智子宝塚市長がこのほど、安川さんの自宅を訪ねた。1907(明治40)年1月19日生まれで、明治、大正、昭和、平成、令和の五つの元号を生き抜いた安川さんに花束が贈られた。(小谷千穂)

 安川さんは2018年6月、111歳の時に県内で最高齢になった。自宅を訪れた中川市長が「宝塚の誇り。おめでとうございます」と花を向けると、車いすに座った安川さんは、顔を振って周囲をきょろきょろ。安川さんの孫の妻、恵子さん(60)は「『何が起きたんや』と思ってると思います」とほほえんだ。

 小学校3年ごろに両親を亡くし、親戚の家に奉公に出たという安川さん。その家の跡取り息子と駆け落ちし、長男と長女をもうけたが、盲腸で夫が命を落とした。27歳で2人の子どもを連れて大阪に住み込みで働いた。長男は海運会社に就職したが、安川さんは定年で退職するまで仕事を続けたという。

 長寿に「よう頑張ってきたからかな」と恵子さん。安川さんは白内障以外は113年間病気をしたことがなく、風邪もほぼひかないという。今は宝塚で恵子さんらと暮らし、孫は4人、ひ孫10人、やしゃご6人がいる。

 食欲は旺盛で普通の人と同じご飯を1日3食。時に3日寝たり、3日起きたりする。「元気やったか」「そうか、よかったな」と寝ながら誰かと会話することも。恵子さんは安川さんに目をやり、「家で日々穏やかに過ごしたい」と目を細めた。

阪神の最新
もっと見る

天気(6月6日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ