阪神

  • 印刷
石井登志郎西宮市長(前列左から3人目)にVリーグ優勝を報告したJTマーヴェラスの選手や関係者ら=西宮市役所
拡大
石井登志郎西宮市長(前列左から3人目)にVリーグ優勝を報告したJTマーヴェラスの選手や関係者ら=西宮市役所

 兵庫県西宮市を練習拠点に、バレーボールのVリーグ1部(V1)女子で9季ぶりに優勝した「JTマーヴェラス」の選手らが17日、同市役所を表敬訪問し、石井登志郎市長に戦績を報告した。

 JTは1月に東京であったV1のプレーオフ決勝でフルセットの接戦の末、岡山シーガルズを下し、2度目の頂点に立った。

 表敬訪問には、小幡真子主将と芥川愛加選手、林琴奈選手の日本代表選手ら4人が不在で、14選手が参加。目黒優佳副主将は「一人一人がチームの勝ちに徹して役割を果たせた」と大会を振り返り、「私たちの活躍で西宮市が盛り上がるように頑張りたい」と語った。吉原知子監督は「知名度はまだまだ。西宮市民に西宮を拠点に活動しているJTを知ってほしい」と話した。

 石井市長は、リーグ制覇を祝う看板を市役所に設置したことに触れ「多くの市民も認識してくれているのでは」とし、選手たちには「第2の故郷・西宮に親しみ、愛してもらいたい」と呼び掛けた。(初鹿野俊)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月6日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ