阪神

  • 印刷
署長感謝状を受け取るセブン-イレブン尼崎潮江5丁目店の岡田明さん(中央)と千賀子さん(尼崎東署提供)
拡大
署長感謝状を受け取るセブン-イレブン尼崎潮江5丁目店の岡田明さん(中央)と千賀子さん(尼崎東署提供)

 来店した高齢の夫婦に声を掛け、電子マネーをだまし取られるのを防いだとして、兵庫県警尼崎東署はこのほど、尼崎市潮江5、セブン-イレブン尼崎潮江5丁目店に署長感謝状を贈った。

 同店マネジャーの岡田千賀子さん(55)は昨年12月24日夜、高齢夫婦が電子マネー15万円分を購入しようとしているのを不審に感じ、オーナーで夫の明さん(60)と理由を尋ねて詐欺と見破り、警察に通報した。

 同署によると、来店した夫婦はパソコンをウイルスに感染させられ、修復するためにアプリ代として15万円分の電子マネーを買うように指示されたという。

 感謝状を受け取った岡田さんは「レジでおばあさんが現金を持ったまま、不安そうな様子をしていて『あれ?』と思った」と振り返り、明さんは「お客さまに被害がなくて良かった」と話した。(山本 晃)

阪神の最新
もっと見る

天気(6月6日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ