阪神

  • 印刷
「変化を恐れず仕事に向き合ってほしい」と仕事始め式で話す石井登志郎市長=西宮市役所
「変化を恐れず仕事に向き合ってほしい」と仕事始め式で話す石井登志郎市長=西宮市役所

 2020年の仕事始め式が6日、阪神間の自治体であり、首長が新年の目標や抱負を語った。兵庫県宝塚市では「就職氷河期世代」から正規職員に採用された男女4人に辞令が交付された。

 西宮市では職員約280人が出席。昨年、職員や教員の不祥事が相次ぎ、石井登志郎市長は「個人の問題だけでなく、組織の文化や風土とも無縁ではない。風通しのよい職場に」と述べた。今夏の東京五輪・パラリンピックで、西宮は聖火リレーのルートに選ばれた。石井市長は「体を動かし、明るく前を向いて仕事をしてほしい」とも話した。

阪神の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 4℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 5℃
  • 30%

お知らせ