阪神

  • 印刷
マイナンバーカードの申請を市役所で手軽に行えるシステム「マイナ・アシスト」のタブレット画面=宝塚市役所
拡大
マイナンバーカードの申請を市役所で手軽に行えるシステム「マイナ・アシスト」のタブレット画面=宝塚市役所

 兵庫県宝塚市は11月から、タブレット端末を使い、マイナンバーカードの申請を郵送や特設サイトではなく、市役所で簡単にできるサービスを始めた。12月27日までの実証実験。

 複雑な申請手続きをサポートしてマイナンバーカードの取得率を上げるのが目的。市はIDカード事業の「DNPアイディーシステム」(東京都)と「行政システム」(同)との間で協定を締結。「DNP-」が開発したオンラインでの申請補助端末「マイナ・アシスト」を県内で初めて導入した。

 これまでの手続きでは、4年前に配布された通知カードと顔写真を用意し、郵送や特設サイトなどで申し込む必要があった。今回のサービスは、市役所の窓口で身分証を提示し、市のタブレット端末で顔写真の撮影を済ませる。5分程度で手続きが終わるという。

 手軽なサービスが人気を集め、開始から1週間で150人が利用し、本格導入を検討する。宝塚市窓口サービス課の担当者は「ほかの用事で市役所に立ち寄った人も気軽に申請してほしい」と呼び掛けている。同課TEL0797・77・2217

(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 10℃
  • 8℃
  • 80%

  • 9℃
  • 5℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ