淡路

  • 印刷
スーパーでの買い物や薬の受け取りなどを代行する「おつかいタクシー」=洲本市本町4
拡大
スーパーでの買い物や薬の受け取りなどを代行する「おつかいタクシー」=洲本市本町4

 新型コロナウイルスの影響で外出を控えている高齢者らを支援しようと、「洲本タクシー」を運行する洲本自動車(兵庫県洲本市大野)が、スーパーでの買い物などを代行するサービス「おつかいタクシー」を始めた。同社は「地域住民がコロナ禍を乗り切る力になりたい」と話す。(吉田みなみ)

 同社は福祉タクシーなど11台を保有。感染拡大前は観光客のほか、買い物や通院で利用する高齢者が多かったが、現在は売り上げが通常の3~4割まで落ち込んでいるという。

 緊急事態宣言が出された4月上旬から、地元の役に立つことを模索し、「おつかいタクシー」の導入を決めた。タクシーを使った買い物代行など、貨物運送行為とみなされない物品輸送は「救援事業」として、国が1989年から認めている。

 運転手が日用品の購入や薬局での薬の受け取りなどを代行し、自宅に届ける。買い物の代金は運転手が立て替え、タクシー代と併せて精算する。

 客を乗せていなくても運転手はマスクを着用し、車内換気を徹底するなど感染予防策を欠かさない。●村知勢(ちせ)営業部長(41)は「初の試みなので改善を重ね、利用しやすいサービスにしていきたい」と話す。

 午前9時~午後6時ごろ。30分千円からで、超過料金は30分ごとに500円。洲本タクシーTEL0799・22・1261

※●は浜の異体字

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ