淡路

  • 印刷
旬香 魚佐太の小鹿一郎さん=兵庫県淡路市志筑
拡大
旬香 魚佐太の小鹿一郎さん=兵庫県淡路市志筑

■旬香 魚佐太(兵庫県淡路市志筑)

 「祖父の代から鮮魚店を営んでいた」という小鹿一郎さん(43)が2002年、店の仕出し部門を拡大し開業。本格的な会席料理から手頃な居酒屋メニューまでこなし、家族連れや仕事の会合、法事など幅広い利用客に親しまれる。

 市内の感染者が増えるにつれ「うわさが飛び交い、人間関係がぎすぎすしてきた」と感じた小鹿さんは、駐車場に「コロナに負けるな!」と書いた看板を設置。テークアウトメニューを開始した。

 焼き魚や唐揚げなどからおかずを選ぶのり弁当は600円、旬の食材を厳選した海鮮丼は1500円。サワラのたたき丼(1200円)、サーモンイクラ丼(900円)などもある。TEL0799・62・3100

     ◇

 新型コロナウイルスによる苦境を乗り越えようと取り組むお店などを紹介します。メール(awaji@kobe‐np.co.jp)、またはファクス(0799・23・1169)で情報をお寄せください。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ