淡路

  • 印刷
あわじ島農協の発足30周年を記念して開かれた式典=南あわじ市福良丙、ホテル&リゾーツ南淡路
あわじ島農協の発足30周年を記念して開かれた式典=南あわじ市福良丙、ホテル&リゾーツ南淡路

 1990年4月に誕生し、今年で発足から丸30年となるあわじ島農協が27日、兵庫県南あわじ市内のホテルで30周年記念式典を開いた。同農協は本所(同市市青木)の建て替えを決め、来春にも完成する予定。支所などの組織再編も検討するなど次の時代に向けた農協経営の模索を進めており、森紘一組合長は式典で「30年の歴史を踏まえてさらなる飛躍を誓うとともに、活力ある地域農業の発展に努める」と話した。(高田康夫)

 もともと旧三原郡内には各地に農協があったが、65年に13農協が合併して「三原郡農協」が誕生。90年に緑町農協、淡路湊農協とも合併し、「あわじ島農協」が発足した。行政合併が進む中で、05年4月に北阿萬農協も吸収し、南あわじ市内1農協になった。昨年10月時点の組合員数は、正・准合わせて9389人。野菜生産は県内の農協で最も多く、タマネギやレタスなど淡路島野菜のブランド化を進めてきた。

淡路の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 9℃
  • 2℃
  • 40%

  • 6℃
  • 0℃
  • 90%

  • 9℃
  • 3℃
  • 30%

  • 8℃
  • 1℃
  • 50%

お知らせ