淡路

  • 印刷
幼少期から現在に至るまで、大いに語った南部代表=洲本市本町4
幼少期から現在に至るまで、大いに語った南部代表=洲本市本町4

 淡路政経懇話会(事務局・神戸新聞淡路総局内)の1月例会が27日、洲本商工会議所会館(兵庫県洲本市)で開かれ、約80人が出席した。総合人材サービス大手、パソナグループ代表の南部靖之氏が「淡路島から実現する『社会のあり方改革』」と題して講演。「淡路島は日本の中心になり、世界一の健康アイランドになる」とし、船で利便性を高め、医療や教育分野を充実させるなど、今後の展望を語った。

 グループは淡路島で2008年、独立就農を支援する事業を開始。「若者にチャンスを与えたいと井戸(敏三)県知事に会いに行った。宝塚か三田を考えていたが、『淡路島があるぞ』と言われた」ときっかけを明かした。「農業には無縁で、不安だった」という。

淡路の最新
もっと見る

天気(2月19日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ