淡路

  • 印刷
「道の駅」への登録を目指す高田屋嘉兵衛公園・ウェルネスパーク五色=洲本市五色町都志(撮影・吉田みなみ)
拡大
「道の駅」への登録を目指す高田屋嘉兵衛公園・ウェルネスパーク五色=洲本市五色町都志(撮影・吉田みなみ)

 兵庫県洲本市は10日、同市五色町都志の高田屋嘉兵衛公園・ウェルネスパーク五色について、「道の駅」の登録を目指して国土交通省の企画提案に応募したことを明らかにした。淡路島内には四つの道の駅があるが、洲本市内には一つもないため、観光客誘致や地域活性化の拠点にしたい考えだ。(上田勇紀)

 国交省によると、島内の道の駅は、「道の駅あわじ」(淡路市岩屋)、「道の駅東浦ターミナルパーク」(同市浦)、「道の駅うずしお」(南あわじ市福良丙)、「道の駅福良」(同市福良甲)の四つ。市町村長らが同省に申請し、休憩機能や情報発信機能などの要件を満たせば登録される。

 洲本市は11月、国の支援が手厚い重点「道の駅」の企画提案に応募。同省が道の駅の設置やリニューアルの提案を募り、地方創生の核となるような取り組みを選ぶ。市は既存施設も活用し、島西側の活性化やサイクルツーリズム、日本遺産のPRにつなげたいとしている。

 本年度は全国で10カ所程度の重点「道の駅」が選ばれる見込み。市によると、選定されてもハード整備などを経て申請、登録という流れで、まだ時間はかかるという。10日の洲本市会12月定例会の一般質問で、市幹部は「今回の結果に関わらず、道の駅への登録を目指していきたい」と答弁した。

淡路の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 10℃
  • 8℃
  • 80%

  • 9℃
  • 5℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

  • 9℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ