淡路

  • 印刷
新たな拠点で定期演奏会に向けた練習をする団員ら=南あわじ市湊防災センター
新たな拠点で定期演奏会に向けた練習をする団員ら=南あわじ市湊防災センター

 淡路島内で最も歴史がある「淡路吹奏楽団」は24日、兵庫県南あわじ市の湊地区公民館で、第41回定期演奏会を開く。これまで同県洲本市内で開催してきたが、今年から練習拠点を南あわじ市に移し、本格的な定期演奏会も同市内で初めて開く。

 同楽団は1976年、旧三原高校の吹奏楽部OBらが中心となって結成。毎年1回の定期演奏会を重ねてきた。これまでは、洲本市文化体育館などで開いてきたが、今年5月に拠点となる練習場所を南あわじ市湊の市湊防災センターに移し、それをきっかけに地元で初の本格的な定期演奏会を計画した。

淡路の最新
もっと見る