淡路

  • 印刷
審査員(右手前)が名誉賞に選んだ未経産の乳牛=南あわじ市北阿万筒井
拡大
審査員(右手前)が名誉賞に選んだ未経産の乳牛=南あわじ市北阿万筒井

 第15回南あわじ市「食」まつり・畜産共進会(神戸新聞社後援)が21日、兵庫県南あわじ市北阿万筒井の市文化体育館駐車場で始まった。淡路ビーフ入り牛丼や地元産の牛乳を味わうコーナーなどが、親子連れらでにぎわった。22日まで。

 共進会は、畜産農家の技術向上などを目的に毎年開かれる。この日は乳牛の審査があり、32頭が出場。審査員は体形や歩く姿などを真剣に見比べた。最優秀の名誉賞には、未経産の部で高田和也さん(同市)、経産の部で冨永忠良さん(同市)の牛が、それぞれ選ばれた。冨永さんは「飼育の苦労が報われた。来年の全国大会に向けてさらに頑張りたい」と話した。

 22日は和牛の審査があり、87頭が出品される予定。「食」まつりは午前10時~午後3時で、淡路ビーフ券などが当たる抽選会もある。(田中靖浩)

淡路の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • 8℃
  • 20%

  • 10℃
  • 7℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 10%

  • 12℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ