淡路

  • 印刷
果実を搾る生徒ら=北淡路農業改良普及センター
果実を搾る生徒ら=北淡路農業改良普及センター

 神戸常盤女子高校(神戸市長田区)の2年生25人がこのほど、兵庫県淡路市内の農園で「淡路島なるとオレンジ」について体験学習を行った。生徒たちは草刈りなどで汗を流し、果汁を絞って自然の恵みを味わった。

 なるとオレンジは淡路島原産で、酸味の強さとほろ苦さ、豊かな果汁が特徴。生産者の高齢化などで栽培量が激減している“幻の果実”だ。